• Tunnels とんねるず

    Got their start by winning a Nippon TV comedy talent show in 1980. The duo became hugely popular with the Tunnels no Minasan no Okage Desu show which ran on Fuji TV from 1988-97. The Neruton Benikujiradan show that ran on Kansai TV from 1987-94 started a nationwide boom in matchmaking parties that were simply known as "neruton" (the characters for tunnel backwards). On the Hammer Price series, they auctioned a wide variety of star memorabilia and raised a lot of money for the Hanshin earthquake relief fund. Both stars have appeared in numerous TV dramas and Ishibashi, who played high school baseball made his Hollywood debut in the movie Major League II. The pair have also had a successful singing career and led the group Yaen, which played concert tours and had several hit albums. The group was made up of members of their TV crew, mostly technicians.

  • GO 3DBeach

    Go Hiromi (郷ひろみ) is a Japanese pop singer who made his debut in 1972, quickly becoming one of the top three male idols at the time. To date he has released almost 80 albums, and around 90 singles. Go Hiromi entered Johnny's Jimusho at age 15 but later left the agency. He's currently under Sony Music Entertainment.

  • 野見隆明中毒 TAKAAKI NOMI

    Takaaki Nomi is a Japanese actor, TV personality, and Shinjuku bartender. He has appeared on the variety show “Hataraku Ossan Gekijo” and starred in Hitoshi Matsumoto’s 2011 film, Saya Zamurai. 野見さんは東京都出身。 生年月日1957年3月28日54歳 趣味と特技はボウリング(ハイスコア257、アベレージ170) テニス、釣りなど 学生時代には野球、柔道、バレーボール(中学時代はバレー部所属)の経験があるそうで、 見かけによらず、運動神経が良いそうです。


醤油顔ランキング歴代1位
Yukio Hashi born 3 May 1943 , Arakawa, Tokyo is a Japanese Enka singer. He is also an actor. Yukio's real name is Yukio Hashi (橋 幸男 , はし ゆきお?) , using a different kanji.





1960年『潮来笠』でデビュー。同楽曲で、日本レコード大賞第1回受賞者となる。1962年『いつでも夢を』で日本レコード大賞受賞、1966年には『霧氷』で2度目のレコード大賞を受賞。2004年6月6日にはアテネオリンピックにおける五大陸リレー聖火ランナーとして東京を走る。2005年芸能生活45周年を迎えモンゴル国親善大使に任命され45周年記念曲の中で『優駿の風』と『テムジン』2曲が「愛・地球博」モンゴルパビリオンのテーマソングになった。趣味はスポーツ (ゴルフ、野球、テニス、柔道、空手、ボクシング)。



Go Hiromi (郷ひろみ) is a Japanese pop singer who made his debut in 1972, quickly becoming one of the top three male idols at the time. To date he has released almost 80 albums, and around 90 singles. Go Hiromi entered Johnny's Jimusho at age 15 but later left the agency. He's currently under Sony Music Entertainment.


西城秀樹、野口五郎と並ぶ、新御三家のひとりとして時代をリードしている永遠のアイドル。 ジャニーズ事務所からデビューし、後に当時まだ中堅事務所の一つだったバーニングプロダクションに移籍。 2001年の紅白を最後に休業。2005年復帰。



タモリ
(1945年〈昭和20年〉8月22日 - )は、日本のお笑いタレント、司会者、俳優、ラジオパーソナリティー、作詞家、作家、実業家。本名、森田 一義(もりた かずよし)。 福岡県福岡市出身。田辺エージェンシー所属。身長161cm[1]。女優の伊佐山ひろ子とは遠戚。

Tamori
is a Japanese celebrity. His real name is Kazuyoshi Morita (森田 一義 Morita Kazuyoshi?) and the screenname Tamori is an anagram of his surname. He was born on 22 August 1945 in Fukuoka City in Fukuoka Prefecture. Along with Takeshi Kitano (Beat Takeshi) and Sanma Akashiya, he is one of the big three[citation needed] television comedians in Japan. His most famous nationally-televised TV programme is called Waratte Iitomo! ("It's OK to laugh!"), which is a live TV show that has been broadcast every weekday at lunchtime since October 1982. He is never seen without his trademark sunglasses. He has worn them even in period pieces (Jidaigeki), despite the story taking place in a past historical setting. On some of these occasions, he has opted for an eyepatch.






TAKAAKI NOMI
Takaaki Nomi is a Japanese actor, TV personality, and Shinjuku bartender. He has appeared on the variety show “Hataraku Ossan Gekijo” and starred in Hitoshi Matsumoto’s 2011 film, Saya Zamurai.

Wikipediaにて野見さんは“日本の俳優”として紹介されています。
野見隆明

松本人志の“さや侍”さっそく見てきました。
人生で初のプレミア上映会
生松本人志の空気感に触れる事ができて泣きそうになりました。
それ以上に“笑いの神”野見隆明の存在感は大きかった
舞台上にいる誰よりも笑いをとっていた
※舞台挨拶の様子 3分05秒の辺りとか
http://youtu.be/HtSmaviKNrs

松本人志が
“世の中で一番面白くない人が一番面白い”
と言っているが、まさにそれが野見さんである。

最近、野見さん中毒になってしまい大変です。

映画は面白くなかったです。
でもこれからも期待し続けます。
ごっつええ感じやビジュアルバムのように腹をかかえて笑いたいからです。

以下おすすめ野見さん動画

http://www.youtube.com/watch?v=eZzLePSAlJg

http://youtu.be/LKmua8Z4BTM


さや侍
http://www.sayazamurai.com/


ツッコミ=萩本欽一(欽ちゃん)、ボケ=坂上二郎(二郎さん)によるお笑いコンビ。


萩本欽一 Hagimoto Kin'ichi(1941.5.7-)
坂上二郎 Sakagami Jirou (1934.4-)





昭和41年に結成され、従来には無かった動きのあるコントを次々と披露したが、その激しさゆえ、当初は固定されたカメラからフレームアウトすることもあったらしい*1。その破天荒さと二人の絶妙なやりとりが受け、一躍人気者となる。昭和44年、NHKの大河ドラマに対抗し日本テレビ系列で日曜夜8時から「コント55号の裏番組をぶっ飛ばせ!?」がスタートし、その人気も絶頂期となるが、番組内の1コーナー“野球拳”がPTAの非難の的となり、ワースト番組の称号を受けてしまう。昭和48年からは「コント55号のなんでそうなるの?!」をスタートさせるが、この頃から欽ちゃんは素人相手の番組司会や後輩の育成といったお笑い関係に、二郎さんは俳優、歌手として独自の道を歩みだすようになる。やがて二人は解散しないまま時は流れ、年号が変わって平成の世に入ると、思わぬことから再び注目されるようになる。平成3年、就職情報誌「デューダ」のCMで二人が共演したのがきっかけで再結成の機運が高まり、同年11月ついに銀座博品館劇場にて「やっぱりコント55号」公演を開催。これが日テレ系で放送されるや大好評を博し、その後民放各局で二人のコントを披露する特番が組まれるなどのブームを巻き起こした。